会長あいさつ

概要 会長あいさつ

富岡市甘楽郡医師会会長

この度は、私ども富岡市甘楽郡医師会のホームページをご覧いただきまして、まことにありがとうございます。

当医師会は、大正8年に「北甘楽郡医師会」として発足し、現在は富岡市甘楽郡の1市3町村をエリアとしております。平成28年4月1日現在、会員数は122名であり、日頃の「かかりつけ医」としての診療や在宅医療を通して地域の皆様に貢献しています。さらに健康相談、特定健康診査、各種がん検診、学校医、予防接種、休日診療所および准看護学校の運営など地域に密着した事業も積極的に行っております。

地域の皆様もご存知のとおり、日本は既に「超高齢社会」と呼ばれる状況となっています。従いまして地域包括ケアシステムの構築を急がなければなりません。これによりますます在宅医療の重要性が増して来ます。病診連携、診診連携、その他の多職種との連携を行い、決して途切れることの無い心のこもった医療を行いたいと思います。また医療と介護の連携も非常に重要であると考えています。

当医師会の会員は皆、地域医療に貢献する事を心に誓い開業しております。地域医療を守ること、つまり地域の皆様の健康を守り、地域そのものを支える事が医師会員の本分です。今後は「住み慣れた土地で、最後まで穏やかに健やかに過ごして頂けるような地域社会」を創る為に、地域の皆様と手を携えて努力を重ねて行きたいと思います。

富岡市甘楽郡医師会 会長 大竹 雄二

6+
error: Content is protected !!